11. 5月 2018 - 22:00
それを共有します:

DEGO / 2000black Japan Tour 2018 Osaka | Circus Osaka | 金曜日, 11. 5月 2018

ロンドンのクラブ/ソウルミュージック・シーンを牽引してきた巨匠 、
DEGOの来日ツアーが決定!

「DEGO / 2000BLACK Japan Tour 2018 Osaka」

GUEST : DEGO (2000Black | from UK)
DJ : Yoshihiro Okino (Kyoto Jazz Massive)
and more


■日時:2018年5月11日(金)
■会場:CIRCUS OSAKA & CATS
■料金:Door 2500+1D Adv 2000+1D
■お問合せ:CIRCUS OSAKA
TEL : 06-6241-3822


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
DEGO (2000BLACK, UK)
ロンドンに生まれたDEGOはサウンドシステムや海賊放送でのDJ活動を経て90年にReinforced Recordsの設立に参加、4HEROの一員として実験的なハードコア・ブレイクビーツのリリースを開始。やがて4HEROはDEGOとMARC MACの双頭ユニットとなり、タイムストレッチング等、画期的な手法を編み出し、ドラム&ベースのパイオニアとなる。傑作『PARALLEL UNIVERSE』(94年)、『TWO PAGES』(98年)以降、4HEROはD&Bのフォーマットから脱却し、『CREATING PATTERNS』(01年)、『PLAY WITH THE CHANGES』(07年)で豊潤なクロスオーヴァーサウンドを打ち出す。DEGOはTEK9名義でダウンテンポを追求する等、オープンマインドかつ実験的な制作活動は多岐に及び、98年に自己のレーベル、2000Blackを始動、ブロークンビーツ/ニュージャズの潮流を生む。KAIDI TATHAMらBUGZ IN THE ATTIC周辺と密に交流し、DKD、SILHOUETTE BROWN、2000BLACK各名義による共作アルバムを制作。11年には1st.ソロアルバム『A WHA' HIM DEH PON?』を発表、ジャズ、ファンク、ソウルへの深い愛情を反映した傑作となる。その後も精力的な活動を続け、12年に『TATHAM,MENSAH,LORD & RANKS』を発表。14~15年、盟友KAIDIとの共作をFaltyDLのBlueberry、FLOATING POINTSのEglo、THEO PARRISHのSound Signature等から立て続けにリリース。15年にはDEGO名義の2ndアルバム『THE MORE THINGS STAY THE SAME』を2000Blackから発表、21世紀のハイブリッド・ソウル・ミュージックとして喝采を浴びる。そして17年にはかねてから試行錯誤を重ねてきたライヴ活動をDEGO & THE 2000BLACK FAMILYとして本格化し、名門Jazz Cafeでの公演を成功させる。またDEGO & KAIDIのアルバム『A SO WE GWARN』をSound Signatureから発表、ルーツに深く根差しながらも未来のビートへの飽くなき探求を続け、UKブラック・ミュージックの新しいスタンダードとなる。