20. 12月 2020 - 14:00 迄 16:00
モーツァルト・サロン赤羽, Nerima
それを共有します:

永井公美子&根津理恵子デュオリサイタル | 日曜日, 20. 12月 2020

※このコンサートは当初3月15日に開催予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で12月20日(日)14:00開催に延期いたしました。

すでにご購入されたチケットは振替公演で有効です。



チケットのご購入は下記より承っております。

1.Webからのお申込み(ゆうちょ銀行またはみずほ銀行より振込)

http://www.kokusai-ikuei.jp/concert/index.php

2.お電話からのお申込み(ゆうちょ銀行またはみずほ銀行より振込)

Tel:03-5939-9535

3.Pass Marketよりご購入(クレジットカード決済またはコンビニ支払い)

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01rcip10jrkh1.html

4.事務所でのご購入

〒115-0045 東京都北区赤羽1-54-5 メトロAIビル 5F





プログラム

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ 第22番 イ長調 K.305(293d)

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 作品24「春」

グリーグ:叙情小曲集3集 Op.43「蝶々」「春に寄す」他(ピアノ・ソロ)

ショーソン:「詩曲」 作品25

チャイコフスキー:「なつかしい土地の思い出」より  「メロディー」作品42-3

サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン 作品20







永井公美子(ながい くみこ)ヴァイオリン

桐朋学園大学音楽学部を卒業後、ハノーファー音楽演劇大学に留学し、

同大学を首席で卒業。ドイツ国家演奏家資格を取得しハノーファー音楽演劇メディア大学ソロクラス(大学院)を卒業。

第1回五嶋みどり公開レクチャーコンサートに出演。

第47回全日本学生音楽コンクール東京大会 小学生の部 第2位受賞。

第49回全日本学生音楽コンクール東京大会 中学生の部 第3位。

第4回レオボルド・モーツアルトコンクールにてForderpramie賞受賞。

第23回ミケランジェロ・アバド国際コンクールで優勝。

これまでに、コジマムジカ・コレギア、国立フランクフルト交響楽団、プラハ室内管弦楽団、Orchestra Della Toscana、ヴェルニゲローテ管弦楽団、山形交響楽団、日本シンフォニー、ら数多くのオーケストラと共演。

世界各国でサルヴァトーレ・アッカルド、アントニオ・メネセス、五嶋みどり、今井信子、深沢亮子、及川浩治、佐藤卓史、外山啓介ら著名な音楽家と室内楽を共演し、好評を得る。

これまでに、天満敦子、辰巳明子、ヘルマン・クレバース、サルヴァトーレ・アッカルド、クリストフ・ヴェグジンの各氏に、室内楽を今井信子氏に師事。

http://www.kumikonagai.com/







根津理恵子 (ねづ りえこ) ピアノ

東京藝術大学卒業後、ポーランド政府給費留学生としてビドゴシチ音楽アカデミー研究科修了。

1996年、スウェーデン・キル国際ピアノコンクールにて優勝。2004年、第6回パデレフスキ国際ピアノコンクール第4位、及びパデレフスキ作品最優秀演奏賞。2005年、第15回ショパン国際ピアノコンクールにおいてファイナリスト名誉表彰を受ける。

ヨーロッパ各地の「ショパン・フェスティバル」や音楽祭に招かれ、「聴衆を圧倒的な熱狂へと導く才能」と高評を得る。また伝統ある「第24回ヴァルデモサ・ショパン・フェスティバル(マヨルカ島)」(07年)、「国際連合欧州本部(ジュネーブ)」(09年)では日本人ピアニスト初の招聘アーティストとしてソロ・リサイタルを行う。

CDは「ショパン・コンクール・ライヴ2005」(株・ビクターエンタテインメント)、「Rieko Nezu plays Paderewski & Chopin」(CD-ACCORD)など。

これまでに、金子勝子、山崎牧子、杉谷昭子、播本枝未子、迫昭嘉、ダン・タイ・ソン、故ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ、エヴァ・ポブウォツカの各氏に師事。

国内外にてソロ、室内楽の他、オーケストラ協演も多く、幅広く演奏活動を展開する傍ら、昭和音楽大学、同短期大学にて後進の指導にもあたる。