01. 3月 2018 - 18:30 迄 20:30
それを共有します:

M I J Pセミナー 日本の伝統を次世代につなぐ 作り手と使い手の共感ストーリーとは | ウインクあいち 愛知県産業労働センター | 木曜日, 01. 3月 2018

名古屋伝統産業協会×NPOメイド・イン・ジャパン・プロジェクト
平成29年度名古屋市伝と産業活力向上事業

※参加ボタンではなく、応募フォームから申し込みで受付完了となります



▼▼▼テーマ▼▼▼
日本の伝統を次世代につなぐ
作り手と使い手の共感ストーリーとは

▼講演者
株式会社和える
代表取締役 矢島里佳様

職人と伝統の魅力に惹かれ、19歳の頃から全国を回り始め、「日本の伝統を次世代につなぎたい」という想いから、大学4年生の時に、株式会社和えるを創業。
幼少期から職人の手仕事に触れられる環境を創出すべく、“0から6歳の伝統ブランドaeru”を立ち上げ、日本全国の職人と共にオリジナル商品を生み出す。日本の伝統や先人の智慧を、暮らしの中で活かしながら次世代につなぐために様々な事業を展開中。

今回の講演では、aeruができるに至った想いはもちろん、事業を通じて使い手に伝えていくために必要なことや、商品のデザインやブランディング、情報発信で大事にされていることなど共感が生まれるストーリーについてを話していただきます。

aeru: 

○こんな方にお勧めです。
・新しく何か始めたい人
・今何か始めているが行き詰っている人
・伝統産業に興味のある人

皆様にお会いできることを楽しみにしています。

------------開催概要-----------

日時

2018年3月1日(木)
19:00~20:30
( 受付18︓30~)
懇親会は20:45 ~22:30 くらい

場所
ウィンク愛知1102号室
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4−38

会費 
無料  懇親会は4000円~

定員   
80名 (懇親会は先着25名程度)

▼▼▼お申込みフォーム▼▼▼



▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

------------------------------

【締め切り:2月26日(月)AM12時まで】

申し込みについてのお問い合わせは、NPOメイド・イン・ジャパン・プロジェクト 谷合までお願いします。
taniai@madeinjapanproject.org

------------------------------------

▼▼目的▼▼
伝統産業の可能性を自分たちで見つける!
これからの伝統産業に必要な新しい価値とは?
伝統産業従事者が必要な新たなネットワーク構築に向けての勉強会を行います。

今年度、名古屋市伝統産業活力向上事業は、伝統産業従事者が自ら活動の枠を広げ、
持続的に発展していくための事業を構築するためのネットワークづくりを主として進めます。
数多くの困難に立ち向かい物事を解決するには幅広い人脈や仲間、知恵が必要です。
互いに切磋琢磨することで、今までにないアイディアを形にできるきっかけを参加者とともに交流を通して考えていきます。

NPOメイド・イン・ジャパン・プロジェクト