21. 10月 2017 - 11:30 迄 13:30
それを共有します:

Home-for-All by Designart | Commune 2nd | 土曜日, 21. 10月 2017


English follows.
伊東 豊雄、山本 理顕、柳澤 潤、岡野 道子、山下 保博、Astrid Klein、Mark Dythamが関わるNPO法人HOME-FOR-ALL は東北・熊本の「みんなの家」プロジェクトについてトークセッションを行います。「みんなの家、その先へ」をテーマに、このプロジェクトが未来に何をもたらすのか、建築家たちがその先について何を考えているのか、ディスカッションを繰り広げていきます。
ディスカッション後には、登壇建築家達によるサイン会を行います。建築家達がデザインしたHOME-FOR-ALLのバッジを購入いただいた方限定となりますので、ぜひこの機会にバッジをお買い求めください!
またフードトラックが11:00からオープンするので、フードやドリンクを片手に気軽に建築家たちのトークをお楽しみください!
※ 当日の来場者の数によっては、入場制限を行う場合があります。
※ サイン会は終了時間が来次第終了とさせていただきます。

日にち:2017年10月21日(土)
時 間:11: 00開場、11:30開演、13:00終了、13:30サイン会開始、14:00サイン会終了
場 所:COMMUNE 2nd (東京都港区南青山3-13)
内 容:「みんなの家、その先へ」をテーマとしたトークセッション。みんなの家や熊本の災害公営住宅の設計者をお招きして、震災後の今後の可能性について話し合います。
登壇者: 伊東豊雄、山本理顕、山下保博、柳澤 潤、岡野道子、Astrid Klein、Mark Dytham
参加費:無料

Join us for a conversation about NPO HOME-FOR-ALL's work in Tohoku and Kumamoto with Toyo Ito, Riken Yamamoto, Yasuhiro Yanagisawa, JunYanagisawa, Michiko Okano, Astrid Klein and Mark Dytham. The panel will also discuss what the future holds for completed projects and what new developments are planned in these areas. The food trucks will be open from 11:00 ready for you to enjoy food and drinks during the talk.
* There is the case of the restricted admission according to the number of people.

Date:Saturday 21st of October, 11.30am
Place : COMMUNE 2nd (3-13, Minami-aoyama, Minato-ku, Tokyo)
Price : FREE
Schedule:
11:00 Open
11:30 Talk session starts
13:00 Talk session ends
13:00 Autograph session to the people who buy the Home-for-All budges designed by the architects starts
13:30 Autograph session ends
Presenters : Toyo Ito, Riken Yamamoto, Yasuhiro Yamashita, Jun Yanagisawa, Michiko Okano, Astrid Klein and Mark Dytham
注釈
コメントはありません、まだ。