11. 11月 2017 - 17:00 迄 22:00
それを共有します:

Homeward Journey 2017 | Club SONIC iwaki | 土曜日, 11. 11月 2017

2017/11/11(Sat)
Homeward Journey 2017
【会場】club SONIC iwaki(いわき市平字大工町9-2)
【START】17:00
【料金】ADV 3,000円 ※入場の際にドリンク代別途
【チケット】SONIC店頭、e+、Sin-e
【出演】U-zhaan×鎮座DOPENESS×環ROY、skillkills、asyl.、オナハマリリックパンチライン
【DJ】DJ UPPERCUT、flower、影千代
【出店】カレー屋てくてく、Lanthanum、komorebi cafe
【問】club SONIC iwaki Tel:0246-35-1199
注釈
  • asyl. 2012年結成のオルタナティブインストユニット。jazzyなピアノとドラムにDJのプレイが重なったり、ジャンルにとらわれない自由な音を生み出す。3人の織り成す音はさらに広がり独特の世界観を表現し続けている。
  • いよいよ今週末に迫りました! 一気にいきます! オナハマリリックパンチライン 業界初のDIY芸術祭「小名浜本町通り芸術祭」から生まれた。hiphopクルー。ラップ好きな首謀者、高木による緩めなノリと見切り発車的な何気企画。元気玉のごとくみんなから集めたリリックをキック。beatメーカーpragwonoはラップもやっちゃう。mc cultivate、naranja10、riken komatsu、dj flowe & みんなの地元愛。代表曲は「小名浜color」、タウンモールリスポを歌った「RESPO」 https://youtu.be/8rqYwafcaG0
  • DJ UPPERCUT 東京の音楽シーンによって育まれたハイブリッドな音楽性と、直感力に優れた抜群のプロダクションスキルで、異彩を放つトラックメーカー/DJ。その作品は、国内外の一流トラックメーカーをうならせる高い音楽性と、ライトミュージックリスナーを惹きつけるポップさを絶妙なバランスで常に維持している。2000年に宇多田ヒカルのツアーDJ としてデビュー後、Jay Dee、テイ・トウワ、パードン木村、HIFANA等とのコラボレーションを経て、2003年と2005年に、W+K Tokyo Labからアルバムをリリースした。メジャー、アンダーグラウンド問わず様々なアーティストのリミックスや、コマーシャルワークにおいても卓越したプロダクションスキルで安定的に高い評価を得ている。 今回どんなスタイルで来るのかスゲー楽しみです! https://youtu.be/JprJlU8065Q
  • skill kills [スグルスキル a.k.a.GuruConnect(Composer , Bass),リズムキルス(Drums),マナブスギル(Mic)]
2011年1月に突如として現れ,ライブ毎に各地で見た者に衝撃を与え続ける
完全 にネクストレベルのビートを軸に凄まじき世界観を叩きだす黒い突然変異体。
アヴァン・ヒップホップ・レーベル〈BLACK SMOKER RECORDS〉より
2011年12月24日に 1stアルバム 「skillkills」を、
2012年12月26日に 2ndアルバム 「BLACK MUTANT」をリリース そして古巣であるBLACKSMOKERを離れ
自身のレーベル「ILLGENIC RECORDS」を立ち上げ 2014年1月22日に3rdアルバム「ILLGENIC」、2015年1月28日に4th Album「Ill Connection」をリリース THROAT RECORDSより「Ill Connection」のアナログ盤もリリース。 ニコニコ動画で累計1000万回以上再生の人気アニメ「ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン」12話エンディング曲を担当。 2017年2月15日に客演に向井秀徳、K-BOMBを迎えた5th Album “The Shape of Dope to Come”を古巣BLACKSMOKER RECORDSよりリリース。 ラ イブはTHA BLUE HERB / SLACK・PUNPEE / SIMILABなどヒップホップ畑から、ZAZEN BOYS / LOSTAGE/ mouse on the keys / eastern youth(極東最前線) / DRY & HEAVY / ジム・オルーク / Ametsub / 空間現代 / GEZANなどオルタナ~ロック、さらにメルツバウまで広く共演。 世界でも類を見ない唯一無二のリズムセクションとウワモノのヒリつく掛け合いは各地のあらゆるイベントで衝撃を与え続けている。 初めて見たときなんなんだこの変則的かつdopeかつILLなビートは…!?liveでのあのドラム捌き、重低音ガッツリ最高ベース、そしてそこにRAPが重なり異次元空間突入です🔊 必聴、必見!是非! https://youtu.be/H3lC-UbB0vQ
  • 続きまして… U-zhaan 1977年、埼玉県川越市生まれのタブラ奏者。大学を休学して1年間インドに滞在してタブラを学ぶ。オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインに師事。99年にサイコババ、2000年にASA-CHANG&巡礼に参加。2004年、インドで初のソロ・ライヴを開催。2010年、ASA-CHANG&巡礼を脱退。その後、レイ・ハラカミとのアルバム『川越ランデヴーの世界』やNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の音楽に参加するなど、幅広く活躍。2014年に初のソロ作『Tabla Rock Mountain』を発表。2016年4月、映画『マンガをはみだした男 ~赤塚不二夫~』のサウンドトラックに参加し、話題に。 当日はKAKATO×U-zhaanのサマージャム'95聞きたいっすね~🎆 https://youtu.be/Ir8xLSoz8VI
  • KAKATO(鎮座DOPENESS×環ROY) 鎮座DOPENESS 1981年東京都調布市出身のラッパー。DOPING BAND、KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'S、近所など様々な方向性のユニットを不定期で活動している。 環ROY 1981年宮城県仙台市出身のラッパー。舞台芸術、パフォーマンスアート、映画音楽など音楽の枠を超えた活動をしている。 クラムボン、蓮沼執太などバンドとのコラボレーションも多数。 デビュー前から親交があり、お互いフリースタイルバトルで注目され特に鎮座DOPENESSは的確で分かりやすい言葉選びと独特な歌うようなフロウでUMB(日本最大級のフリースタイルバトルの大会)の2008年チャンピオンになるなど確かなスキルとキャラクター通りの自由な音楽性で人気のユニットです。 とりあえず過去、現在をチェックしましょう! 過去 https://youtu.be/OKtV7rwJvOM 環ROYキレっキレですな!目がヤバイ笑 現在 https://youtu.be/8h4P9vxGMMg 個人的にこれ好きっすね~ よろしくっす!
  • いよいよ来月に迫りました!出演者情報など随時UPしていきますのでよろしくお願いします!