29. 10月 2017 - 13:30 迄 16:30
それを共有します:

第7回さようなら原発1000人集会 破たんした原発政策 | 伊丹ホール | 日曜日, 29. 10月 2017

福島原発事故は、未だ収束のめどが立たず汚染は広がっています。

政府は7月に放射性廃棄物の最終処分候補地マップを発表しましたが、「核のゴミ」の最終処分に何ら展望はありません。

立地対策費、使用済み燃料の処分費用、事故時の膨大な賠償、廃炉費用などを考えると、経済的にも原発が「割に合わない」ことは明らかです。

原発政策は破たんしています。

私たちは、被災者一人ひとりの暮らしを支える政策を求め、原発のない持続可能な社会の実現をめざします。

2017年10月29日 日曜日
13:30開演 13:00開場
いたみホール

神田香織さん「福島の祈り」

大島堅一さん「やはり、原発は割に合わない」

参加費 1000円(前売800円)
避難者・障がい者、半額
35歳以下、半額
注釈